愛犬の口臭は老化のサイン!今すぐできる歯の手入れ方法

老犬 老犬の為に出来る事

犬の歯の手入れは必要がないと感じている飼い主さんは多いのでないでしょうか?また歯磨きガムを与えているから大丈夫だと思っている飼い主さんもいますが大きな間違いです。
毎日継続的に、飼い主さんが歯の手入れをすることで、愛犬の口臭予防にもつながります。
口臭を予防できると、結果的に愛犬の健康維持に繋がるので、ぜひこの機会に正しい歯の手入れ方法を学んでください。

飼い主さんの意識が大切!口臭予防の方法は?

老犬になると唾液の分泌の低下や歯磨きを嫌がることから、口臭が気になっている飼い主さんも多いと思います。
また口臭は、老化のサインともいわれているので、愛犬の口臭予防はしっかりと行うことが、老化防止にも繋がります。

どのようなことが原因で口臭がするのか見ていきましょう。

雑菌の増殖
口内環境の悪化
腸内環境の乱れ
の3点が大きな原因です。

老犬になると、咳やくしゃみをすることも増えるので、雑菌の増殖は、増加してしまう犬がとても多いです。
雑菌や汚れを残してしまうと、後に炎症を起こしてしまい口内環境の悪化にも繋がります。
口内環境が悪化してしまうと、食欲が低下してしまうので、体力も落ちてしまいます。

口臭予防は結果的に、口臭だけではなく、愛犬の健康を守る一つの方法でもあるので、ぜひこの機会に正しい口臭予防の方法を覚えましょう。

毎日の継続が大切!口臭予防の方法を解説

最近では、トリミングサロンによっては、歯磨きをしてくれるトリミングサロンも増えています。
またおやつとして、たまにガムを与えていることもあり、愛犬の歯の手入れを怠ってしまう飼い主さんもいますが、大きな間違いです。

犬は人間とは違い、食べカスが歯石になるまでの時間は3日~5日といわれています。
食べカスが歯石になってしまうと、動物病院で治療をするしか、取り除く方法がないので、老犬の負担にもなってしまいます。
食べカスを歯石にしないためにも、飼い主さんが最低でも3日に1回は、愛犬の歯を手入れする必要があります。

それでは継続的に歯磨きを続けるコツを紹介するので、ぜひ覚えて下さい

ステップ1:口周りを触られることに慣れさせよう

犬によっては、口周りを触られることに抵抗をもっている場合もあります。
そのような犬に対して、無理やり歯磨きを行ってしまうと、歯磨きが嫌いになってしまうので、最初のうちは口周りを触るだけで十分です。
遊びの中で、歯の周りを触るなどして、歯を触られることは、楽しいことだということを教えてあげましょう。

ステップ2:歯磨きを慣れさせる

犬の歯磨きには、ガーゼタイプや普段人間が使用するような歯ブラシタイプなど、さまざまなタイプがあります。

どのようなタイプが良いのか迷う飼い主さんも多いですが、結論からいうと愛犬が無理なく続けられるタイプの物を選ぶことが一番です。
また老犬になると歯茎が傷つきやすくなるので、ブラシは固すぎないタイプを選ぶようにしてあげて下さい。

歯磨きガムを与えるタイミング

歯の手入れの中でも飼い主さんに多い勘違いは、犬の歯磨きガムを与えていればいいとい勘違いです。
歯磨きガムは、あくまで口臭予防の一つであり、完璧な手入れとは決していえません。

歯磨きガムは、歯磨きを頑張ったご褒美に与えるようにしまあしょう。

ドッグフードも口臭予防に!口臭予防に繋がるドッグフードの特徴は?

犬の口臭の原因は腸内環境の乱れでもあるため、ドッグフードを変えるだけでも、口臭予防につながります。
口臭の原因となるドッグフードの成分としては、以下の成分が挙げられます。
添加物
動物性脂肪
動物性タンパク質
が挙げられます。
また原材料では、穀物類が入っているドッグフードは腸内環境の乱れになっている可能性があります。
少し値段は高くなりますが、毎日愛犬が食べる物なので、愛犬の口臭が気になる方は、一度グルテンフリーのドッグフードや無添加のドッグフードを愛犬に与えてみて下さい。

まとめ

今回は、口臭予防について紹介しました。
犬の歯の手入れはあまり、重要視されていませんが、健康に長く生きるためにはとても必要になります。
継続的に行なわないといけないこともあり、大変な歯の手入れですが、歯石ができてからで遅いので、ぜひ飼い主さんが愛犬のためにも頑張るようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました