老犬になったら、体のことを考えて散歩はやめるべき?

老犬の散歩 老犬の為に出来る事

老犬の散歩事情

若い犬と比べると、どうしても老犬は体力も衰えがちですよね。
またそれだけではなく筋力の低下などにより、足腰が弱っていることも実感せざるを得ない飼い主の人も少なくないはず。

元々散歩が大好きだった犬だけど、老犬になったし体のことを考えて、散歩に行くのは避けたほうがいいかもしれない・・・。

飼い主として愛犬の体を第一に考えると、どうしてもこのような考えが浮かんでくるものです。
特に愛犬自体が散歩に行きたくないという反応を示しているのなら、なおの事このような考えが出てきてしまいますよね!
しかし老犬は、意外と元気で、適度な散歩に連れて行ってあげたほうが逆に健康に良い場合もあるのです。
適度な運動は、健康にも良いというのは人間だけではなく犬も一緒です。
適度な散歩をしてあげることで、血行促進や体重が増えることを予防することにもつながりますし、筋肉にもいい影響を与えます。
このことから、適度な運動をすることができる散歩は、老犬にとっても大切なのです。
また、老犬も家の中にずっといることでストレスをためてしまう可能性もあります。
ちょっとした気分転換にもなる散歩は、老犬にとってもいいストレス解消にもつなげられます。

 

老犬の散歩

老犬の散歩で気をつけること

もちろん、老犬にも散歩は大事だと言っても、気をつけるべきこともいくつかあります。

・老犬になったことをふまえて散歩量を考慮する。

老犬は、若い頃と比べて体力や筋力への衰えがありますから、若い頃と同じような散歩量をすることはおすすめできません。
あまりにも長すぎる散歩をするのは、老犬へかなり負担を与えてしまいます。
また、毎日絶対に散歩に行かなければだめだ!というようなストイックな考えではなく、老犬のその日の体調を見て行く・行かないをきちんと判断してあげることも大切です。

・お水を持ち歩く。

若い頃と比べ、喉が渇きやすくなりがちです。
こまめな水分補給ができるように、今までお水を持ち歩いて散歩をしていなかった人は、お水も持ち歩くようにしましょう。

・無理なペースで歩かない。

自分のペースではなく、老犬のペースに合わせて歩いてあげるようにしましょう。
運動になるからといって、無理なペースで歩いてしまうと、老犬も疲れてしまいます。

 

まとめ

もちろん老犬の中には、病気を抱えて散歩に出向けない子や散歩に出向く体力が全くない子もいるかと思います。
このような老犬の場合は、当然ですが無理に散歩へ連れ出すことはおすすめできません。
飼い主として健康管理へプラスになるような散歩を、老犬と一緒に楽しみたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました