老犬に多いトイレトラブルはどういう対策をすればよいのか

老犬 老犬の為に出来る事

老犬になってから、トイレを失敗してしまうように

今まで何ともなかったのに、老犬になってトイレを失敗するようになってしまった。
犬も年を取れば、トイレの一度や二度くらい失敗するよね!
・・・なんて寛大な気持ちで受け止めようと思っていても、何度も失敗されるとちょっと大変ですよね。
そんな時は、やはり飼い主として老犬になってしまった愛犬が、トイレをしやすいように工夫する事も大切です。
工夫することで、老犬のトイレを失敗する頻度が減れば、その分後片付けなどの負担も減らすことへもつながりますし、老犬への自尊心も傷つきにくくなります。

老犬のトイレトラブルへのおすすめな対策

では一体老犬のトイレトラブルに対し、どう対処したらいいのでしょうか。
コツとしては「老犬目線」でトイレを工夫することです!

老犬

 

今までのトイレスペースが比較的狭いスペースである場合は、トイレスペースを広く取ってあげる

トイレスペースを広く取ることで、老犬もトイレスペースから外してトイレをしてしまうリスクを減らすことができます。

段差がある場合は、段差をなくしてあげる

トイレスペースに少しでも段差がある場合は、この段差がネックとなりトイレトラブルへ発展している可能性があります。
段差をなくして、よりスムーズにトイレを済ませることができるようにしてあげましょう。

遠い場所にトイレスペースがあるのなら、近い場所にトイレスペースを移動させてあげる

もし、老犬がいる部屋よりも遠い場所にトイレスペースがあるのなら、近い場所にトイレスペースを移動してあげることも大切です。
そうすることで、トイレスペースまで間に合わないことが原因でトイレトラブルを起こしている場合は、トイレトラブル解消へとつなげることができます。

犬用のおむつを利用する

これはできるだけ最終手段にしてほしい部分でもあるのですが、様々な犬用のおむつも販売されていますよね。
犬用のおむつを老犬へつけてあげることで、トイレトラブルを回避することができます。
とても便利な分、依存したいアイテムのひとつでもあるのですが、やはりずっとつけっぱなしにするのはムレやかぶれを引き起こしてしまうこともあるのであまりおすすめできません。
臨機応変に、上手く利用するのがベストだと思います。
ちなみに、老犬によっては犬用のおむつをつけることを嫌がり、ストレスを感じてしまう子もいるのでその場合は無理につけることは避けたほうがいいでしょう。

まとめ

老犬のトイレトラブルの対策としては、トイレスペースを広く取ってあげたり、段差をなくしてあげる、近い場所にトイレスペースを移動させてあげる、犬用のおむつを利用するといったものが挙げられます。

当然ですが、絶対に老犬がトイレを失敗したら、叱ってはいけません!

自分の飼っている老犬に合った対策方法で、トイレトラブルを解消してくださいね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました